台風情報

【台風14号2022ナンマドル】東京 神奈川 千葉にいつ何時?勢力や進路予想図で接近上陸を調査!

9月17日(土)9時現在で、南大東島の東約190kmにある「台風14号(2022ナンマドル)」ですが、目下、沖縄・九州を暴風圏内に巻き込みながら、日本列島に沿って北上する進路が予想されています・・。

発生する台風のほとんどが、沖縄本島や周辺海域を脅威にさらす現実には言葉もありませんが、9月はじめの「猛烈な台風11号2022」は日本列島を直撃することなく終わりました。

ところが、今回の【台風14号】は話が違います。台風11号以上の勢力で【列島を襲う】可能性が大きいとの進路予想がなされています。

  • 関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉など)にも来る?
  • 上陸や最接近はいつ何時頃?
  • 現在の勢力や進路予想図は?

気象情報は刻々と変わっていきますが、今度の台風14号の最大瞬間風速は「75メートル」にも達するんだとか・・。

気になった点について調査しています。最後まで見ていただけると嬉しいです。

台風14号(2022ナンマドル)が関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉)に最接近するのはいつ何時?猛烈な勢力なので心配!

 気象庁は17日午前、臨時の記者会見を開き、九州南部と北部に暴風、波浪、高潮、大雨の特別警報を出す見通しだと発表した。台風の勢力が数十年に1度の強さに発達すると予想されるため、気象庁は最大級の警戒と早めの避難を呼びかけている。

出展:台風14号で特別警報の見通し 九州南部と北部に 気象庁(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

これまで多くの台風の進路は、偏西風に乗って弧を描くように、日本列島の太平洋側を通過するパターンだったと思いますが、今年の台風は、南洋上にいつまでも停滞してから「急激に北上」というパターンのようですね。

過日、8月から9月にかけての台風11号(ヒンナムノー)は猛烈な勢力でしたが、列島直撃はありませんでした。

しかし、今度は違うようです。日本列島をすっぽり直撃!という予想です・・。なので、関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉など)にも来るわけで、いつ頃になるのか心配です。

【台風14号2022ナンマドル】関東地方への進路はどうなる?現時点の予想図を確認!

今度こそ問題の2022年の台風14号。「ナンマドル」という名前がついていますが、いったいこれって何なのでしょう?

実は、「台風委員会」という各国政府が関わっている組織があって、そこで「台風の名前」を決めているんだとか。そして「ナンマドル」とは、台風員会に所属するミクロネシアが決めた名称で「有名な遺跡の名前(Nanmadol)」ということでした。

詳しくは⇒ 台風の名前の付け方や決め方と由来【どこの誰が命名?】一覧リストと台風委員会加盟国

 

ざっと進路を見てみると、台風14号は、9月17日(土曜日)18時頃から19日(月曜日)にかけて九州直撃の進路をたどり、以降、スピードを増しながら日本列島を直撃、という進み方ですね。

改めて、現時点の進路予想図で台風14号の進路を見てみましょう(9月17日9時現在)。

前回、台風11号の時の進路であれば、日本海・中国大陸方面に進んでいますが、今回14号の場合は、九州からカックンと右に折れ、日本列島を北海道まで縦断する進路となっています。

2022年9月17日午前11時15分の、「台風14号」に関する気象庁の会見では、列島縦断の進路を示しつつ、以下のようにコメントしています。

  • 台風14号は過去の台風と比較が出来ないほど危険な台風。
  • 九州の西岸を北上していく可能性が高い。
  • 高潮の危険性も非常に高いので、早めに避難しないといけない。
  • 九州では過去の台風よりも被害が大きくなる可能性が高い。
  • 備えが大切。

「九州の西岸を北上していく」としながらも、カックンと列島縦断というのが怖いですね。あくまでも、予報なので、日本海側に大きくそれる可能性も若干はあるんでしょうか?

それにしても「台風14号(2022)」。その勢力が最も気になりますね。

【台風14号2022ナンマドル】関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉)にいつ何時?勢力と最接近や上陸を調査!

猛烈な勢力と言われる「台風14号(2022)」ですが、どれほどのものか?いつ我らが関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉)に最接近するのか?確認してみましょう。

「台風14号(2022)」の9月17日09時現在の勢力はーー

  • タイプ:大型(猛烈な台風)
  • 中心気圧:910hPa
  • 最大風速:55メートル毎秒
  • 最大瞬間風速:75メートル毎秒

この勢力が、九州の西側に到達する「9月19日09時」の段階でーー
最大風速:45メートル毎秒(瞬間最大65メートル毎秒)と若干弱まり、

本州中央部を覆う段階の「9月20日09時」の段階でーー
⇒最大風速:30メートル毎秒(瞬間最大45メートル毎秒)と、当初より大分、勢力はや弱まりそうです・・。

陸上を移動する場合、海水からエネルギーを得られないからのようですが、あくまでも予想なので十分な備えが必要ですね。

関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉)にいつ何時頃、最接近するのか?もう少し詳しく見ていきたいかと。

本州中部に到達が【9月20日(月曜日)の午前9時】と予想されています。あくまでも予想(予報)なのでーー

関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉)が最も影響を受けるのは、【9月20日(月曜日)の午前中から日中いっぱい】といったところでしょうか・・。

今後とも、次々刻々の詳しい予報に目が離せませんね。

「台風14号2022ナンマドルが東京 神奈川 千葉にはいつ何時?の記事まとめ」と関連記事ご案内

猛烈な勢力の「台風14号(2022ナンマドル)」が、東京・神奈川・千葉などの関東地方に最接近するのはいつなのか?などについて調査してみました。

以下にご紹介している記事は、災害と防災に関する気になったニュースをまとめたものです。