任用試験 過去問

任用試験 過去問(創価学会教学部の任用試験の過去問題)

創価学会の教学部の任用試験は、別名「仏法入門」とされています。このページは、その任用試験で過去に出題された問題を解り易く解説したページをご案内しています。

特に、以下の記事をお勧めしたいと思います。

任用試験 2016のための過去問題|2014年の問題と解答

任用試験(2016年実施)のための過去問題、すなわち、2014年(平成26年)11月23日(日)実施の教学部任用試験の問題と解答の全てです。

任用試験にマーク方式が採用された初回の試験問題となります。マーク方式ならではの解答方法に慣れることができます。

任用試験 2016のための過去問題|2015年の問題と解答

任用試験(2016年実施)のための過去問題としての、2015年(平成27年)11月22日(日曜日)実施の教学部任用試験の問題と解答の全てです。

2015年の任用試験は、マーク方式が採用されてから、2回目の試験となります。マーク方式ならではの解答方法に慣れることが肝心です。

任用試験 2017の過去問題|2016年の問題と解答

この記事は、任用試験 2017の過去問題で2016年実施の問題と解答です。

今回、平成29年11月26日実施の「教学部任用試験2017」から、受験対象が中等部員にも裾野が広がりました。また、昨年同様、マーク方式で実施されます。

創価学会の教学は、正しい仏法への理解を深め、また、「信(しん)」を深めて「信行学」の現実変革への実践力を培うことを目的とします。

試験対策としての仏法用語の記憶もさることながら、教材を通して「正しい仏法」の考え方や概念に迫っていくことが肝心です。