朝礼 ネタ

朝礼の内容はどうする?役に立つおすすめネタの例文や効果について

朝礼が必要か不要性かの論議もありますが、団体・企業・集団を運営する上で不可欠なのが、「団結」して前進するということです。そして、その為には、「報告・連絡・相談」が重要であることは言うまでもありません。

朝礼の場で「ほうれんそう」を実施する、ということではありませんが、「団結」の役にたつ、役に立たせるのであれば、その「朝礼」はおすすめかと思います。

時に、自身の能力に自信のある若い人の中には、右にならへ式の「朝礼」のような集まりに否定的な方もいますが、まず第一に組織の一員であるという自覚は失ってはなりません。その上で、管理職や経営者が忘れてならない事は、従業員個人個人の能力を組織として掌握し、相乗効果を生み出していくという使命観に他なりません。

朝礼の内容のおすすめはどうあるべきか?

さて、朝礼の内容をどうするか?と考える場合、まず、「朝礼の目的」を明確にすることから始める必要があります。経営者の中には、「気合を入れる」朝の集まりと捉える方もいらっしゃいます。これもまた、否定の出来ない要素ではありますが、せっかく時間を使って「仕事に従事する」方々(従業員の方々)に「集まって貰っている」わけですから、通達事項があれば、それを優先させるべきでしょう。いわゆる「業務上の通達事項」です。

そして、その際、忘れていけないのが「安全第一」という考え方です。工事や建設現場での「安全朝礼」は不可欠のものですが、管理職や営業職にあっても、業務遂行上のリスクは付きまとい、それはすなわち「危険性」ということです。危険性を回避するリスクマネジメント上の意識を喚起することもまた「安全第一」という考え方です。

また、職場により、朝礼の席での可否はありますが、一日の達成目標や各自が行うべきことの確認も出来れば盛り込みたいところです。そして、これらの事が命令一辺倒ではなく抵抗無くスムーズに、朝礼の参加者の耳に入って行けば、それは理想の朝礼ではないでしょうか。

そして、理想の朝礼に近づける大切な要素が、朝礼のスピーチの内容であり、なかんずく、朝礼ネタをどう選び、どう話すかという問題なのではないでしょうか。スピーチの担当者が一生懸命準備したものを生かすも殺すも、朝礼全体のマネジメントが左右するということです。

朝礼の内容でおすすめの具体的な例とは?

朝礼の具体的な内容と進め方について、「基本となる」例を示しています。「朝礼ネタ」に四苦八苦するスピーチ担当者ではなく、朝礼の運営を任された担当者(イコール司会者の場合も)が設計すべき「朝礼の内容」となります。

【朝礼の流れ・手順】意外と知らないことも多い?朝礼の一般的な手順 – U-NOTE[ユーノート] – 仕事を楽しく、毎日をかっこ良く。 –

口には出さないが「朝礼に意味はあるのか?」という疑問を飲み込みながら「朝礼に参加」している人も多いといいます。この記事では、そんな朝礼について「会社の朝礼を意味ある内容にするには?」というテーマで綴られています。

会社の朝礼を意味ある内容にするには?│仕組み経営

建設現場・工事現場での朝礼は特に、「安全第一」が表面化している職場だけに、そうでない職場より、朝礼の位置づけは重いかと思われます。しかし、マンネリ化すれば、これもまた意味のない朝の集いとなってしまうでしょう。

さらに、建設現場の場合、複数の業者さんが参入しての作業となることから、それらを掌握しコントロールする朝一番のスタートという意味合いもあります。以下のきじでは、現場経験の長い方が「理想の朝礼を念頭に、現場の朝礼の流れ」について述べています。

現場の朝礼の流れをご紹介!私の長年の経験から考える理想の朝礼とは | チョーのマズマズ

朝礼のスピーチの際のおすすめネタ、テーマ、アイデアについて紹介している記事を以下にご案内します。

住友建機株式会社のサイト上に、【朝10分の使い方で業績アップ 社員を変える! 「朝礼」の極意】という記事が掲載されています。ここでは、見直すべき朝礼の効果として以下の5つを挙げています。

  1. 飲みにケーションに代わる効果がある
  2. 社員教育の場にできる
  3. 社員の体調を直に確認できる
  4. 会社の目標やチームの目標を共有する
  5. 仕事を始める前に仕事モードに切り替えやすくなる

その上で、「朝礼を効果的にする3つのポイント」として以下を挙げています。

  1. 社員にも話をしてもらう
  2. 仕事と関係のない趣味や雅俗の話をする
  3. 社員にダメ出しをしない

参照:【Vol.143】社員を変える! 「朝礼」の極意 | 住友建機株式会社

【関連記事】朝礼の内容はどうする?

朝礼スピーチの例文の紹介や雑学ネタなどに触れているサイトを以下にご紹介します。

以下は、当サイトの「朝礼ネタ」の関連記事です。