市長選挙

栃木市長選挙(2022年4月17日)開票結果速報と当落候補者(高際澄雄VS大川秀子)一覧

栃木県の南部にある栃木市(とちぎし)は、面積が 331.50平方キロメートルあり、総人口 153,404人(2022年3月1日現在推計)を擁しています。市街地に蔵造りの家屋が並ぶ街並みが保存され、小江戸、小京都、関東の倉敷などと呼ばれ、観光地としての人気も高いところです。

その栃木市の栃木市長選挙の情報です。投票日は(2022年4月17日)です。開票速報と選挙結果を立候補者の情勢や得票数・投票率、自治体の行政情報などを網羅して掲載しています。

栃木市長選挙2022の開票結果

栃木県 栃木市(とちぎし)
栃木市長選挙(2022年4月17日投票)
告示日2022年4月10日
投票日2022年4月17日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数
投票率

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 高際 澄雄 73 無所属
2 大川 秀子 74 無所属(自民、公明推薦)

栃木市長選挙2022年の立候補者の情勢と(2名のプロフィール・公約・政策)

2022年4月17日投票の栃木市長選挙は、いずれも無所属で、宇都宮大名誉教授の新人、高際澄雄氏(73)と再選を期す現職の大川秀子氏(74)=自民、公明推薦=の2氏が立候補しています。住民訴訟に発展し、1審判決で違法とされた岩舟総合運動公園の民間サッカースタジアムへの優遇問題などを争点に、現市政の継続か、刷新かを問う選挙戦となっています。

高際 澄雄(たかぎわ すみお)氏

高際 澄雄(たかぎわ すみお)氏[無所属新人:73歳]

プロフィール(経歴)
宇都宮大名誉教授・谷中村の遺跡を守る会会長。学歴:東京教育大院卒。

公約・政策・主張
「市長の横暴を議会がチェックできず、裁判にまで訴えなければ解決できない。異常なことだ」と指摘。「良識ある市民と一緒に公正な市政を実現する」と決意表明した。さらに「若者の流出、観光客減などの課題に適切に対応しない市政が市の疲弊の一因。現市政はスタジアムを作れば岩舟が繁栄し、さらに市が繁栄すると言い訳するが、市民をばかにした主張だ。市政を変えよう」と訴えています。

大川 秀子(おおかわ ひでこ)氏

大川 秀子(おおかわ ひでこ)氏[無所属(自民、公明推薦)現職:74歳]

プロフィール(経歴)
元市議長。履歴:市農業委員・市監査委員。学歴:栃木女子高卒。推薦:自民・公明。

公約・政策・主張
「国や県、市民との連携を大切にしてきた。東日本台風では市内の建物の12・3%が浸水被害を受け、途方に暮れたが、連携のおかげで順調に復旧、復興が進んだ」と強調。さらに「コロナ禍で傷んだ経済の再生も私の役割。転入人口を増やし、首都圏から栃木市への人の流れをつくる。ようやく明かりが見えてきた。2期目でしっかり形にしたい」と訴えています。

栃木市長選挙2018(前回)の投開票結果(当落・投票率等)

栃木県 栃木市(とちぎし)
栃木市長選挙(2018年4月22日投票)
告示日2018年4月15日
投票日2018年4月22日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数133,595人
投票率58.54%

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 38994 大川 秀子 70 無所属
2 38076 鈴木 俊美 67 無所属

栃木県栃木市の地図と行政データ

人口:159,211人
出生数:1,067人
男性人口:78,209人
女性人口:81,002人
15歳未満人口:18,963人
65歳以上人口:45,706人
歳入決算総額:70,398,508千円
歳出決算総額:66,398,864千円
地方債現在高:62,060,549千円
寄附金:124,177千円

出展:政府統計の総合窓口

【関連記事】栃木市長選挙2022

栃木県の栃木市長選挙2022の開票結果速報について、過去の選挙結果などと比較しながらまとめてみました。栃木市に選挙権のある方は、投票の上で、結果を待ちたいものです。なお、以下にご紹介しているリンク先は、最近のニュースや地方選挙の情報記事となります。