時事速報

【白金高輪駅で硫酸を顔に】被害者男性の顔画像はどうなる?アシッドアタックの意味とかけられた人も調査!

海外ではかなり頻繁な「アシッドアタック」という事象が今般、日本国内で発生しました。

22歳の会社員男性が突如、顔に硫酸をかけられるという事件があり、犯人の男は逃走中です。

24日午後9時10分頃、地下鉄白金高輪駅のエスカレーター上での出来事。

気になるのは、被害者男性の顔が(画像)はどうなってしまうのか?

アシッドアタックの意味と共に、かけられた人なども調査してみました。

【白金高輪駅で硫酸を顔に】被害者男性の顔画像はどうなる

劇薬の硫酸を顔にかけられた22歳の会社員の男性の安否はどうなのでしょう?


 東京都港区の東京メトロ南北線白金高輪駅で、男に硫酸とみられる液体をかけられ、やけどを負った男性は約6カ月の重傷だったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

出展:駅で液体かけられた男性は6カ月の重傷(共同通信) – Yahoo!ニュース

 

6か月の重傷ということですが、6か月で硫酸をかけられた顔はすっかり元に戻るのでしょうか?

硫酸は目には入らなかったのでしょうか?

やはり、火傷と同じわけで、完全に復旧するのは困難なのではないでしょうか?

硫酸をかけられてしまったら、その顔(顔画像)はどうなるのか?

非常に気になりましたので調査してみました。

【白金高輪駅で硫酸を顔に】被害者男性の顔画像はどうなる?アシッドアタックの意味とかけられた人も調査!

【やけどを負った男性は約6カ月の重傷】とのことですが、いったい、顔の状態は、あるいは目の状態は、6か月後にどう復旧するのでしょうか?

硫酸を顔にかけられる、という事件は、海外ではけっこう頻繁に起きているようです。

「顔に硫酸や酸の類をかけられてしまう」事を【アシッドアタック】と言います。

顔に硫酸をかけられてしまった人の顔画像はどうなってしまうか?

以下のリンク先からご確認下さい。

 

苦しみ続ける酸攻撃の被害女性たち、インド 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

 

「アシッドアタック 日本」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)

 

アシッドアタック 日本 – Google 検索

 

被害者の22歳会社員男性のより早い平癒を念願すると共に、犯人の一刻も早い逮捕をと願わずにはいられません。

【白金高輪駅で硫酸を顔に】被害者の顔画像は?アシッドアタックの実情

アシッドアタックの被害者の実情には悲惨なものがあります。


アシッドアタックを受けた人の中には酸によって目や耳の機能が使えなくなったり、酷い場合には全盲になってしまうこともあります。またアシッドアタックの被害者は外見が大きく変化してしまったことによる精神的ショックで社会復帰が困難な状況に陥ることも多々あります。

出展:アシッドアタック(酸攻撃)とは?美女が妬まれ…日本の事例は?【画像注意】 | 女性のライフスタイルに関する情報メディア

 

アシッドアタックを受けた被害者の顔の火傷・傷には悲惨なものがありますが、さらに酷いのは心の傷です。

今回の被害者は男性ですが、まだ22歳。

心の傷も大きいものと推察します。


 ケイティは数日間昏睡状態に陥った後、意識を取り戻し、変わり果てた自分の醜い姿を見て「自分を殺してほしい」と医師団に頼み込んだという。その後、18カ月間も特殊なマスクを着用し、絶対安静にさせられ、皮膚移植などを行い、100回以上も顔面再生手術を受けた結果、その美貌は奇跡的な回復を見せている。

出展:アシッドアタック ー 顔に酸をかけられた美女たちの記録 ~女性への最悪の暴力~ (2014年5月22日) – エキサイトニュース(3/4)

 

アシッドアタックを受けた顔の火傷は、皮膚移植で改善するケースもありますが、長い時間とお金が必要です。

人生の多くの時間を復旧に費やすこととなってしまいます。

硫酸を被害者男性にかけた犯人は絶対に許せません。

【関連記事】「白金高輪駅で硫酸を顔に」被害者男性の顔画像はどうなる?