区長選挙

練馬区長選挙(2022年4月17日)開票結果速報と当落候補者一覧|東京都

東京都の区部北西部に位置する特別区である練馬区(ねりまく)は、面積が 48.08平方キロメートルあり、総人口 749,034人(2022年3月1日現在推計)を擁しています。区の木は「コブシ」で、区の花は「ツツジ」です。

その練馬区の練馬区長選挙の情報です。投票日は(2022年4月17日)です。開票速報と選挙結果を立候補者の情勢や得票数・投票率、自治体の行政情報などを網羅して掲載しています。

練馬区長選挙2022の開票結果

東京都 練馬区(ねりまく)
練馬区長選挙(2022年4月17日投票)
告示日2022年4月10日
投票日2022年4月17日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数
投票率

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 吉田 健一 55 無所属(立憲、共産、社民、生活者ネット推薦)
2 前川 燿男 76 無所属(自民、公明、国民、都ファ推薦)

練馬区長選挙2022年の立候補者の情勢と(2名のプロフィール・公約・政策)

2022年4月17日投票の練馬区長選挙は、いずれも無所属から、新人の学校法人理事長の新人・吉田健一氏(55歳)と、3選を期す現職・前川燿男(あきお)氏(76歳)の2氏が立候補しています。与野党入り乱れての推薦の下、激しい一騎打ちとなっています。

吉田 健一(よしだ けんいち)氏

吉田 健一(よしだ けんいち)氏[無所属(立憲、共産、社民、生活者ネット推薦)新人:55歳]

プロフィール(経歴)
学校法人理事長・米国法人副社長。履歴:都議秘書。学歴:早大卒。推薦:立憲・共産・生活者ネット。

公約・政策・主張
公約の一つである区長の退職金カットについて、「区長にとって区民は家族、仲間。その彼らがコロナ禍で苦しい時に退職金を受け取るつもりはない。そのお金を原資にして、家賃や授業料の支払いに苦しむ若い大学生を助けてあげたい」と語っています。また、区長という強い立場が弱い立場を助けるという当たり前のことができていない区政を変えたいとしています。

前川 燿男(まえかわ あきお)氏

前川 燿男(まえかわ あきお)氏[無所属(自民、公明、国民、都ファ推薦)現職:76歳]

プロフィール(経歴)
元都福祉局長。履歴:東京ガス執行役員・政策研究大学院大客員教授。学歴:東大卒。推薦:自民・公明・国民・都民ファ。

公約・政策・主張
「23区の先頭を切って進む自治体行政を実現しようと全身全霊で仕事をしてきた」とアピール。新型コロナウイルスのワクチン接種で個別接種をメインに進める国公認の「練馬区モデル」の実施や、待機児童数2年連続ゼロの達成、都立の児童相談所の新設決定など、2期8年の実績を強調。その上で「これで私の区政が完成したわけではない。中途半端に区政を投げ出せば区政が破綻する危険がある」と訴えています。

練馬区長選挙2018(前回)の投開票結果(当落・投票率等)

東京都 練馬区(ねりまく)
練馬区長選挙(2018年4月15日投票)
告示日2018年4月8日
投票日2018年4月15日
定数 / 候補者数1 / 4
執行理由任期満了
有権者数593,216人
投票率31.38%

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 101887 前川 燿男 72 無所属
2 46514 松村 友昭 73 無所属
3 19782 田中 将介 25 無所属
4 9578 大木 武夫 66 無所属

東京都練馬区の地図と行政データ

人口:721,722人
出生数:6,154人
男性人口:351,609人
女性人口:370,113人
15歳未満人口:86,105人
65歳以上人口:158,290人
歳入決算総額:247,177,271千円
歳出決算総額:240,881,568千円
地方債現在高:44,691,256千円
寄附金:55,021千円

出展:政府統計の総合窓口

【関連記事】練馬区長選挙2022

東京都の練馬区長選挙2022の開票結果速報について、過去の選挙結果などと比較しながらまとめてみました。練馬区に選挙権のある方は、投票の上で、結果を待ちたいものです。なお、以下にご紹介しているリンク先は、最近のニュースや地方選挙の情報記事となります。