市長選挙

【岸和田市長選挙2022】立候補者の情勢は?共産党の推薦と大阪維新の会の集票能力もチェック!

2022年の岸和田市長選挙に3名の立候補者があり、任期満了で、1月30日に投票が実施されることとなりました。告示は1月23日で、24日から29日までが期日前投票期間です。

無所属新人の山田英子氏と、大阪維新の会現職の永野耕平氏と、無所属新人の野口徹氏との三つどもえ戦となった市長選挙ですが、選挙情勢はどのような具合なのでしょうか?

調べてみると、過去の投票率も「30%代前半」と、けして高くはない岸和田市。この場合、組織票有利と言われますが、今回はどうなんでしょう?有権者数16万人強の同市のこと。本年の、来る「参院選2022」にも影響がありそうです。そこで、以下の観点から、立候補者3氏の当落を予想してみることにしました。

  • 推薦・支援の状況
  • 知名度
  • 前回市長選の獲得票や投票率
  • 組織票の強度

最も気になるのは、「大阪維新の会」の組織力です。よろしければ御覧ください。

【岸和田市長選挙2022】立候補者の情勢は?大阪維新の会の集票能力が気になる!

あの人気の高い、吉村洋文(大阪府知事)が応援に入っています。

 任期満了に伴う岸和田市長選(大阪府)は23日告示され、無所属の新人で元教員の山田英子氏(73)=共産推薦=、再選を目指す大阪維新の会の現職の永野耕平氏(43)、無所属の新人で会社経営の野口徹氏(72)の3人が立候補しました。

出展:[大阪]岸和田市長選が告示 現新3氏が立候補、30日投票|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

 

2022年1月30日に投票日を迎える岸和田市長選挙については、4年に一度は訪れるの任期満了日から遡り、数か月前には選挙の告知があったわけですが、問題は「投票」が実施されるのかどうか。それは、告示前の立候補の表明でほぼわかるのですが、実際に確定するのは、「告示日の届け出の有無」ということになります。これによって、首長選挙の場合、立候補者が1名以下であれば、「投票」は実施されず、立候補した人物が「無投票当選」ということになります。

果して今回は、3名の立候補者があり、岸和田市長選挙は実施される運びとなりました。現新の三つ巴戦となった市長選挙。最終的に知りたい事は「当選者」は誰なのか?ということ。

無所属新人の山田英子氏と、大阪維新の会現職の永野耕平氏と、無所属新人の野口徹氏の3氏について、誰が当選することになるのか。大要、以下観点から推測してみたいと思います。最も気になるのは、国政でも躍進が見られる「維新の会」、つまり、「大阪維新の会」の存在・組織力です。

  • 推薦・支援の状況
  • 知名度
  • 前回市長選の獲得票や投票率
  • 組織票の強度

【岸和田市長選挙2022】立候補者の情勢は?共産党の推薦と大阪維新の会の集票能力もチェック!

2022年1月30日に投票日を迎える「岸和田市長選挙」の立候補者は以下の3名で、投票実施が確定しています。

  1. 山田 英子(やまだ えいこ:73歳)無所属(共産推薦)新人
  2. 永野 耕平(ながの こうへい:43歳)大阪維新の会・現職市長
  3. 野口 徹 (のぐち とおる:72歳)無所属新人

気になるのは、候補者を取り巻く情勢なので、この点を確認してみたいと思います。選挙で注目される焦点は言うまでも無く、誰が当選するか?です。今回の岸和田市長選では、立候補者が3名の三つ巴戦いであり、3名中「誰が」当選するか?ということになります。

1期目現職の永野氏の場合、2018年に初当選して依頼、市長として4年間経過しているので、単純に「知名度」という点で他を圧倒しています。その点、新人の山田氏と野口氏は不利と言えるでしょう。さらに、前回の市長選当選時の獲得票数を確認してみましょう。

<前回2018年の岸和田市長選挙の結果>

1位:当選・20,165票⇒永野 耕平(39歳・男・大阪維新の会・新人)

2位:ーー・18,198票⇒信貴 芳則(56歳・男・無所属・前職)

3位:ーー・11,615票⇒西田 武史(52歳・男・無所属・新人)

永野氏は2位の新貴氏に「2,000票差」で勝利していますが、この新貴氏は「前職・市長」という立場です。実は、現金授受の収賄の容疑で辞職し、かつ立候補したという強者。それで2,000票差まで詰め寄るとは、相当に強力な布陣があったものと思われます。逆に、永野氏の勝利は「大阪維新の会」の底力とも言えるでしょう。

今回、2022年の市長選挙では、新人2名相手に、大阪維新の会の組織票・組織力が遺憾なく発揮されて大勝利?と思うのは早計です。

山田英子氏が無所属から出馬していますが、こちらは「共産党推薦」。新人でありながら、組織票の援護が付いています。なので、地元の組織力の対決、ということになります。国政の観点から見れば、野党対野党の対決ということになります。果して組織力はどちらが上なのか・・それが勝敗を決するでしょう。

そこで、前回の市議会議員選挙の状況を見てみます。

  • 岸和田市議会議員選挙(2019年4月21日投票)
  • 告示日:2019年4月14日
  • 投票日:2019年4月21日
  • 定数 / 候補者数:24 / 32
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:159,758人
  • 投票率:42%
NO 結果 得票数 氏名 年齢 党派 新旧
1 5908 宇野 真悟 31 大阪維新の会
2 3616 倉田 賢一郎 40 大阪維新の会
3 3272 堂本 啓祐 64 大阪維新の会
4 3212 西田 武史 53 無所属
5 2918 米田 貴志 54 公明
6 2741 松本 妙子 61 公明
7 2529 今口 千代子 70 共産
8 2432 南 加代子 57 公明
9 2300 友永 修 51 公明
10 2216 岩崎 雅秋 57 公明
11 2085 桑原 佳一 57 公明
12 2050 反甫 旭 30 自民
13 2024 田中 市子 59 共産
14 2010 中井 良介 71 共産
15 1981 殿本 マリ子 66 無所属
16 1938 鳥居 宏次 72 無所属
17 1933 京西 且哲 58 無所属
18 1869 烏野 隆生 49 無所属
19 1855 稲田 悦治 62 無所属
20 1797 岸田 厚 57 共産
21 1789.993 河合 馨 66 無所属
22 1738 雪本 清浩 62 無所属
23 1670 井舎 英生 72 無所属
24 1641 岡林 憲二 50 自民
25 1638 沢田 和代 54 共産
26 1637.295 井上 源次 74 自民
27 1626 高比良 正明 51 無所属
28 1569.006 河合 達雄 55 無所属
29 1406.704 井上 博 68 無所属
30 468 和田 清敬 65 無所属
31 313 野口 徹 69 無所属
32 311 羽室 啓次郎 51 国民

組織票の強さには定評のある「公明党」が7名全員縦並びで当選を果たしていますが、これの上を行く「大阪維新の会」の3名がトップ当選から3位まで占めています。この事実は、「大阪維新の会」の組織力と人気の高さを語って余りあります・・。対して共産党候補の中には落選者も・・。

知名度に加え、組織力の強度をもってしても、共産党勢力は力及ばず。選挙戦の渦中、事故やゴシップさえなければ、永野氏圧勝ではないかと推測しますがいかがでしょう。

関連記事:【岸和田市長選挙2022】立候補者の情勢は?

岸和田市長選挙2022と同日に実施されるされる市長選挙及び、ある程度規模の大きい市長選挙は以下のとおりです。参考にご覧ください。