時事速報

【石原さとみ】創価学会が宗教で旦那さん(結婚相手)も学会員?スクープゼロの理由から調査・考察!

【石原さとみ】創価学会が宗教で旦那さん(結婚相手)も学会員?

石原さとみさんは創価学会という新興宗教に入会(入信)していて、結婚相手の旦那さんも同じ学会員なのではないか?という情報が、彼女の結婚報道を機に再燃しています。

石原さとみさんの創価学会会員説について、週刊紙などにスクープされず(ゼロ)に結婚に至った理由から、その真偽について、検証しています。

【石原さとみ】は創価学会という宗教で旦那さんも学会員なのか?

石原さとみさんが「創価学会員」であることは、かなり以前から、知る人ぞ知る事実です。

彼女の最終学歴は「創価学園の創価高校」。その後、創価大学へは進学せず、芸能活動に専念して現在に至っています。また、小学校が東京創価小学校、中学から高校は一貫校の創価学園というルートで進学しており、父親が創価学会の幹部で、母親が聖教新聞社の秘書をしていたとも言われます。

石原さとみさんの本名については古風なイメージで、本名の方が珍しいと驚く人が多くいます。その本名とは・・

石神国子」さんです。

以下は創価学園の制服姿の「石神国子」さん。

石原さとみ(石神国子)顔画像

創価学園の偏差値は高い方で、入学を希望する本人に強い思い入れが無ければ「入学」はまず、不可能です。なので、石原さとみさんが、創価学会員であることは間違いないと思われます。

そして、今回の結婚相手となった旦那様についても、以降に述べる理由から同じ「創価学会員」とあることは間違い無いと思われます。

創価学会という宗教について その①

宗教とは、根本として尊敬する対象がはっきりしていて、かつ、哲学的な裏づけのあるものを言います。根本として尊敬する対象とは「本尊(ほんぞん)」のことです。

哲学的な裏づけについては、仏教を例にとれば「経典」ということになります。

創価学会という宗教の場合、本尊は日蓮が顕した「ご本尊」で、哲学的な裏づけは、同じく日蓮の著作となる「御書」ということになります。

創価学会という宗教について その②(スクープゼロの理由)

創価学会という宗教の実際の姿を通して、石原さとみさんが結婚に至るまで週刊紙などにスクープされなかった理由を推測し、加えて、彼女本人と旦那さんが共に創価学会員であるという説の裏づけとしています。

詳細は以下の記事に記しています。結論のみ記せば、『真面目な創価学会員には、スクープされる暇(ひま)が無い!』ということになります。

【石原さとみの結婚】旦那(交際相手)と丸1年間・スクープなし(ゼロ)の理由は?創価学会員の真相もチェック!

石原さとみさんは創価学会の会員に対する世間の反応

石原さとみさんが創価学会の会員という情報に触れて、驚いている人、「欠点」?と指摘する人など様々です。

まとめと関連記事

「石原さとみさんは創価学会という宗教で旦那さんも学会員なのか?」、そして「結婚発表までスクープゼロの真相」について確認しました。

戦時中の国家神道による「一億層玉砕」を経験した日本国ですが、現在、「神社=神道」はパワースポットとして人気の定番となっています。かたや、オーム心理教による「テロ」などを経験し、新興宗教に対する考え方に「洗脳」や「恐れ」を抱いている人も多くいます。

しかし、人生の価値を決めるのは、人間関係で、お互いを高めあうような人どうしが結婚できたら、それが最高ではないかと思いました。