時事速報

花森弘卓の宜野湾市の友人は誰?顔画像と名前や年齢及び共犯者の可能性も調査!

「地下鉄硫酸事件」の犯人とされる花森弘卓容疑者が沖縄県内で逮捕され、東京に移送されました。犯行動機は未だ供述していないとのこと。

気になるのは、沖縄県宜野湾市の容疑者の友人の存在で、琉球大学在学当時の友人とのことです。

花森容疑者は、犯行後、静岡の自宅へ戻り、静岡駅から沖縄の友人宅へ直行しています。計画的な犯行からして、友人宅へ向かうことも計画の一部だったのでしょうか?

すると、その友人も犯行になんらかの関与があったのでしょうか?もしかすると共犯者なのか?そうでないのか?

「宜野湾市の友人」の存在が事件のカギを握っているような気がします。

そこで、その友人が誰でいかなる人物なのかについて、顔画像や氏名・年齢なども含めて、調査・考察してみました。

花森弘卓の宜野湾市の友人は誰か気になる!

花森弘卓容疑者は沖縄県内で逮捕されたといいますが、身を寄せていたのは同じ琉球大学出身の「友人宅」だと言います。

花森容疑者が犯行後、自宅に戻った後に、静岡駅から姿を消したという報道を知り、服装・風体も目立つし、「全国指名手配」されたことから、捕まるのは時間の問題で、果ては「自殺」の可能性も考えたのですが、その後の展開には驚きました。

はなから、迷うことなく、沖縄の友人宅を頼って、そこへ直行したようです。

地下鉄硫酸事件の花森容疑者は、実に計画的な行動が目立ちました。なので、友人宅へ向かうことも当初から計画の一部だったのでしょうか?

そこで気になるのが、その「宜野湾市の友人」の存在です。

「宜野湾市の友人」が花森容疑者の計画の一部であれば、その友人も犯行にかかわっていた可能性があるのではないかと思えてしまいますがいかがでしょう。

そこで、その友人がいったいどんな人物なのか?調査・考察することにしました。

花森弘卓の宜野湾市の友人は誰?顔画像と名前や年齢及び共犯者の可能性も調査!

花森弘卓容疑者と同じ沖縄県の琉球大学の友人が「共犯者」なのではないかという疑問について考察してみました。

とはいえ、共犯者でなければ被害者ともなりますので「共犯者」・「非共犯者」の2つのケースで考えてみたいと思います。

共犯者の場合

友人が、硫酸をかけられた被害者への恨みを共有する人物、ということが考えられるのではないでしょうか。というのも、花森容疑者は硫酸被害者の男性と同じ大学のサークルの仲間ですが、友人も同じサークル仲間で、被害者との共通のトラブルに遭遇した可能性もあるのではないかということです。

花森容疑者の静岡の自宅からは「硫酸の類」が発見されていないそうです。もしかすると、友人が「硫酸」を入手して花森容疑者に送った可能性もあるのではないでしょうか。

さらに、もしかするとですが、「硫酸被害者の男性」に恨みを抱いていたのは「宜野湾市の友人」の方で、友情の厚い花森容疑者が、その代行を務めた可能性もあるのではないでしょうか。仮に「友人」が女性であった場合、話は複雑化しそうですが。

仮に、友人が共犯者であった場合、彼の顔画像や氏名・年齢も公表されることとなるでしょう。

共犯者でない場合

「全国指名手配」の報道がなされる中、宜野湾市の友人もそれを知らなかったはずはなく、なかなか考えにくいのですが、共犯者でなかった場合、余程の友人関係だったと思われます。

友人宅に向かった花森容疑者にしても、当初、友人が気が付かなかったとしてもそれは時間の問題でいづれわかること。

友人はやはり、何らかの形で「地下鉄硫酸事件」に関与していたのではないかと考えるのが普通ではないかと思います。

友人が共犯者であった場合ですが、花森容疑者も友人も、犯行後にどうするつもりだったのでしょう?


犯行当日の24日朝、自宅の駐車場を掃除している花森容疑者の姿をみかけたという近くに住む女性(84)は「こんなことをする子だとは思わなかった」と声を落とした。

出展:硫酸男、両親亡くし一軒家で…「いつも1人で行動」 – イザ!

 

ちょっと理解しがたい花森容疑者の冷静な行動です・・。

友人共々、覚悟の上の犯行であったのではないでしょうか。

花森弘卓の宜野湾市の友人は誰?被害者男性にトラブルの心当たりはないって本当か?

報道によると、硫酸を顔に浴びた被害者の男性は、「恨みを買う」ようなトラブルに心当たりは無いと言っているそうです。


花森容疑者は琉球大学出身で被害男性と同じサークルに所属していたが、男性にはトラブルの心当たりはないという。花森容疑者は現在、別の大学に在籍している。

出展:硫酸男、沖縄の友人宅に潜伏か 自身もやけど – 産経ニュース

 

花森容疑者とその友人の2人の人間を犯行に駆り立てたと思われる今回の事件です。当に、被害者男性はトラブルに心当たりがないのでしょうか?

もし、本当は心当たりがあった場合、トラブルの内容に厳しいものがあれば、隠さなければ自身の身の上が危ういという事になりますが、それは犯罪レベルのものなのでしょうか?

犯罪とはならなくとも、世間の批判を浴びる内容であることも考えられます。

現在、「別の大学に在籍」しているという花森容疑者。何か先を目指していたのかもしれません。その進路をフイにしてまで「地下鉄硫酸事件」を起こすに至った動機があるということでは?

全ては、花森容疑者の自供を待つばかりです。

【関連記事】花森弘卓の宜野湾市の友人は誰?

地下鉄硫酸事件にかかわる関連記事の他に、近々に実施される地方選挙のご紹介をしています。当該有権者の方は民意反映のためにも、一人でも多くのご投票をお勧め致します。