市長選挙

浅口市長選挙(2022年4月17日)開票結果速報と当落候補者一覧|岡山県

岡山県の南西部に位置する浅口市(あさくちし)は、面積が 66.46平方キロメートルあり、総人口 32,308人(2022年3月1日現在推計)を擁しています。市の木は「桜」です。

その浅口市の浅口市長選挙の情報です。投票日は(2022年4月17日)です。開票速報と選挙結果を立候補者の情勢や得票数・投票率、自治体の行政情報などを網羅して掲載しています。

浅口市長選挙2022の開票結果

岡山県 浅口市(あさくちし)
浅口市長選挙(2022年4月17日投票)
告示日2022年4月10日
投票日2022年4月17日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数
投票率

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 福田 玄 40 無所属
2 栗山 康彦 67 無所属

浅口市長選挙2022年の立候補者の情勢と(2名のプロフィール・公約・政策)

2022年4月17日投票の浅口市長選挙は、いずれも無所属で、新人で元市議の福田玄氏(40)と現職で4選を期す栗山康彦氏(67)の2名が立候補しています。の前回選(2018年)と同じ顔ぶれによる現新一騎打ちです。

福田 玄(ふくだ げん)氏

福田 玄(ふくだ げん)氏[無所属新人:40歳]

プロフィール(経歴)
元浅口市議。

公約・政策・主張
倉敷、岡山両市や広島県福山市にも通いやすい地の利を生かし、「魅力的な商業施設誘致などでベッドタウンとして充実させる」と訴えています。

栗山 康彦(くりやま やすひこ)氏

栗山 康彦(くりやま やすひこ)氏[無所属現職:67歳]

プロフィール(経歴)
不動産会社役員。推薦:自民・公明。

公約・政策・主張
企業誘致など3期12年の実績を強調。「企業誘致施策をさらに進め、市内の雇用を増やし、自主財源や人口増を目指す」と主張しています。

浅口市長選挙2018(前回)の投開票結果(当落・投票率等)

岡山県 浅口市(あさくちし)
浅口市長選挙(2018年4月15日投票)
告示日2018年4月8日
投票日2018年4月15日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数29,459人
投票率63.38%

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 11000 栗山 康彦 63 無所属
2 7477 福田 玄 36 無所属

岡山県浅口市の地図と行政データ

人口:34,235人
出生数:192人
男性人口:16,425人
女性人口:17,810人
15歳未満人口:3,915人
65歳以上人口:11,914人
歳入決算総額:16,447,935千円
歳出決算総額:15,381,118千円
地方債現在高:13,710,869千円
寄附金:39,370千円

出展:政府統計の総合窓口

【関連記事】浅口市長選挙2022

岡山県の浅口市長選挙2022の開票結果速報について、過去の選挙結果などと比較しながらまとめてみました。浅口市に選挙権のある方は、投票の上で、結果を待ちたいものです。なお、以下にご紹介しているリンク先は、最近のニュースや地方選挙の情報記事となります。