市長選挙

姶良市長選挙(2022年4月17日)開票結果速報と当落候補者(笹山義弘VS湯元敏浩)一覧

鹿児島県中央部に位置する姶良市(あいらし)は、面積が 231.25平方キロメートルあり、総人口 76,571人(2022年3月1日現在推計)を擁しています。鹿児島湾(錦江湾)の奥側に位置し、鹿児島市のベッドタウンとして発展しています。

その姶良市の姶良市長選挙の情報です。投票日は(2022年4月17日)です。開票速報と選挙結果を立候補者の情勢や得票数・投票率、自治体の行政情報などを網羅して掲載しています。

姶良市長選挙2022の開票結果

鹿児島県 姶良市(あいらし)
姶良市長選挙(2022年4月17日投票)
告示日2022年4月10日
投票日2022年4月17日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数
投票率

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 笹山 義弘 69 無所属
2 湯元 敏浩 57 無所属

姶良市長選挙2022年の立候補者の情勢と(2名のプロフィール・公約・政策)

2022年4月17日投票の姶良市長選挙は、いずれも無所属から、元職の笹山義弘氏(69歳)と、2期目を期す現職の湯元敏浩氏(57歳)が立候補しています。元職と現職が3度目の一騎打ちなる市長選挙です。

笹山 義弘(ささやま よしひろ)氏

笹山 義弘(ささやま よしひろ)氏[無所属元職:69歳]

プロフィール(経歴)
有限会社時計メガネのササヤマ取締役。

公約・政策・主張
人口が増える中、財政に厳しい課題があるとして「財政の再建」を訴えています。「この4年間どうだったでしょうか。多くの期待した人の期待に応えていない。あぶなっかしい行政運営であると言わざるを得ない」と現市政を批判しています。

湯元 敏浩(ゆもと よしひろ)氏

湯元 敏浩(ゆもと よしひろ)氏[無所属現職:57歳]

プロフィール(経歴)
現職市長。

公約・政策・主張
子育て支援、防災、コロナ対策を柱とし「成熟したまちへの成長」を掲げています。そして、「姶良市は子供が増えている。そのために財政が逼迫している一面もある。でも子供たちを育てるお金は無駄な金だと思ってない」と意気込んでいます。

姶良市長選挙2018(前回)の投開票結果(当落・投票率等)

鹿児島県 姶良市(あいらし)
姶良市長選挙(2018年4月22日投票)
告示日2018年4月15日
投票日2018年4月22日
定数 / 候補者数1 / 2
執行理由任期満了
有権者数61,911人
投票率59.92%

NO 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 19678.239 湯元 敏浩 53 無所属
2 17088.76 笹山 義弘 65 無所属

鹿児島県姶良市の地図と行政データ

人口:75,173人
出生数:658人
男性人口:35,004人
女性人口:40,169人
15歳未満人口:10,777人
65歳以上人口:21,858人
歳入決算総額:29,015,224千円
歳出決算総額:27,562,615千円
地方債現在高:32,307,144千円
寄附金:16,140千円

出展:政府統計の総合窓口

【関連記事】姶良市長選挙2022

鹿児島県の姶良市長選挙2022の開票結果速報について、過去の選挙結果などと比較しながらまとめてみました。姶良市に選挙権のある方は、投票の上で、結果を待ちたいものです。なお、以下にご紹介しているリンク先は、最近のニュースや地方選挙の情報記事となります。